弦の定常波 【実験】

図1 弦の定常波装置

図1のように、振動台、弦、スタンドをセットします。

振動台に低周波発信機などを入力し、振動数1Hzから始めて、1Hzずつ大きくしていきます。

すると図2~図5のように10Hz,20Hz,30Hz,40Hzで定常波が現れました。

きりのいい値の振動数になったのは偶然です。

図2 基本振動 10Hz

 

図3 2倍振動 20Hz

図4 3倍振動 30Hz

図5 4倍振動 40Hz

動画(説明あり)はこちら
動画(説明なし)はこちら
   

公開日:
最終更新日:2016/05/16


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

↑ページトップへ