発振器+アンプ

さまざまな振動実験や交流実験、ストロボなどに使える発振器を作ります。

よく高校にある低周波発振器は図1のような大きなもので、これにアンプをつなげて使います。しかしこれは重くて取り回しが悪いし、結構いい値段がします。そこでなるべく安く、使いやすいものを作りたいと思います。

図1 低周波発振器

低周波発信機の代わりにファンクションジェネレーター(図2)を使い、アンプは秋月電子の10Wモノラルパワーアンプキット(図3)を使います。

 

図2 ファンクションジェネレーター

 

 

+

図3 アンプ

 

 

材料

ファンクションジェネレーター(秋月電子miniDDS) パワーアンプ(秋月電子 10Wモノラルパワーアンプキット) プラスチックケース(タカチ) ピンジャック×3 DCジャック トグルスイッチ スイッチランプ ピン端子ケーブル BNC-RCA変換器 AC-DCアダプター(15V 1.2A)×2

製作方法

プラスチックケースに穴を開け、各端子を固定し、端子、アンプ、導線をはんだ付けします(図4)。アンプはケース内部に固定し、ファンクションジェネレーターはケース外側に固定します(図5)。

だいぶいい加減な配線ですので、もっと無駄なくできると思います。また本当はヒューズを入れたほうがいいですね。

A…ピンジャック(外部出力) B…ピンジャック(ジェネレーター→アンプ) C,D…DCジャック(アダプタ入力) E…ピンジャック(外部出力) F…スイッチランプ G…アンプ用スイッチ

図4 ケース内部

図5 ケース外部

使い方

①周波数(0Hz~200kHz) ②波形(sin波、三角波など) ③電圧振幅(0V~5V) ④オフセット電圧

アンプを使っているので実際には画面の10倍程度の電圧になります。

 

図6 ファンクションジェネレーター画面

○この装置を使う実験

・振動関係  弦の定常波、ばねの定常波、クントの実験、水波投影機、音波に関する各種実験、ボーアの水素原子モデル

・交流関係  交流による光源の点滅、リアクタンス、LC共振回路

・ストロボ関係  止まって見える水滴、水波投影機

公開日:
最終更新日:2016/05/16


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

↑ページトップへ