消える透明ボール

消臭剤や植物用に売られている透明なボール(図1)に水を注ぐとあら不思議!すっかり消えてしまいます。(図2)

ボールが見えないのは、ボールの表面で光が反射していないからです。水を注ぐことでボールが光を反射しなくなった、というわけです。

ではなぜ水を注ぐとボールは光を反射しなくなるのでしょうか。その理由は、水とボールの屈折率がほぼ同じだから、ということになります。屈折率が同じものは、光にとっては「同じもの」だから、光は水とボールの境界で反射されずに通過してしまうのです。

 

 

図1 透明ボール

 

 

水を注ぐ

  →

図2 透明ボール+水

 

ボールはほぼ水でできているため、屈折率が水とほぼ同じなのだと思います。ボールを乾燥させたものが図3です。ボールがほぼ水であることが分かると思います。

図3 乾燥前(左)と乾燥後(右)

 

動画はこちら

 

公開日:

↑ページトップへ