光の三原色【製作】



実験へ


   

光の三原色投影機を製作します。

 

材料

1WパワーLED(赤、緑、青)
定電流方式ハイパワーLEDドライバモジュール(1W3個点灯 秋月電子)
DCジャック
トグルスイッチ
10~15V1Aアダプター
虫メガネ(ダイソー)
円筒型の容器(適当なものでよい)

※今回は円筒形容器を2つ使いましたが、1つでもできます。
また、アダプターの代わりに電池を使ってもいいです。その場合LEDは並列につないだほうが電池数が少なくて済みます。

図1 パワーLEDドライバモジュール

 

製作

①凸レンズの取り付け
虫メガネの凸レンズを外し、円筒容器に取り付けます。
今回は容器のフタに穴を開けて、そこにレンズがちょうどはまるようにしました(図2)。

②今回は2つの容器を使いますので、この2つを連結させます。
水色の容器に穴を開け(図3)、赤色の容器を差し込めるようにします。

図2 凸レンズの取り付け

図3 容器連結のための穴

③光源部分の製作
赤色の容器を使って光源部分を製作します。
図4~図6のように、LEDドライバモジュール、パワーLED、スイッチ、DCジャックを容器に取り付け、直列に接続してはんだづけします。

図4 トグルスイッチ、LEDドライバ(容器内部)

図5 DCジャック

図6 パワーLED(赤、青、緑)

④完成
2つの容器を連結し、アダプターをつなげて完成です。

図7 三原色投影機

図8 DCアダプター



実験へ


 

公開日:

↑ページトップへ