万有引力モデル 【製作】



【実験】へ


 
  

○材料

500mlペットボトル×10 ペットボトルキャップ×14 砂 MDF板(15cm×15cm)×8 ダイソー木材(3cm×3cm×1.5cm)×32 配線カバー(No.0 50cm)×10 配線カバー(No.2 2.5cm)×6 塩ビパイプ(内径13mm 長さ50cm)×4 塩ビパイプジョイント×2 L字金具×4 ポリウレタン入りの布(2m×2m) 洗濯ばさみ20個

  

○製作手順

・ペットボトルの中に砂を入れる。MDF材の中心にペットボトルを置き、ペットボトルの周囲に木材を置いて、ボンドでMDF材に固定する。(図1右)これを10セット作る。

・配線カバー(No.2)をペットボトルのキャップに接着する。(図1左)ペットボトル10個のうち4個についてのみこれを行う。

図1 土台の足

・ドリルでペットボトルキャップの中心に穴を開け、図2のようにボルト&ナットでL字金具に2個固定する。2つのペットボトルキャップのうち1つに塩ビパイプを接着する。(図3)接着にはポリエチレン樹脂を使ったが、他の方法もあるだろう。

・接着しなかったほうのペットボトルキャップをペットボトルに取り付ける。

 

図2 L字金具とキャップ

図3 キャップと塩ビパイプの接着

・配線カバー(No.2)をパイプジョイントの中心に接着する(図4)。パイプとジョイントをつなげる(図5)。

図4 ジョイント

図5 パイプ+ジョイント

・配線カバー(No.0)をつなげていき(図6)、大きな円を作る。

図6 配線カバーの連結

・以上の部品を使って図7のように組み立てる。

図7 土台の完成

・洗濯ばさみを使って、布を配線カバーに取り付ける(図8)。布はなるべくピンと張る。

図8 万有引力モデル装置



【実験】へ


 

公開日:
最終更新日:2016/05/16

↑ページトップへ